コミュ力おばけの4つの褒める方法(褒め言葉だけじゃなく敬意を伝える言葉も大切)

コミュ力おばけの4つの褒める方法(褒め言葉だけじゃなく敬意を伝える言葉も大切)

コミュ力コーチのハラサトシです。
今日のテーマは「褒める方法」についてです。

私の知り合いに、褒めることを学んでいる人がいます。

詳しくは知りませんが、褒め方を学んでいるそうです。

その人と少しお話しする時間があったのですが、やたらと褒めてくれるんです。

「え~、すごいですね」

「それはすごいですね」

「大したものだと思いますよ~」

最初は嬉しかったんです。

でもね、あまりにも乱発するんです。

そして、何となく分かってきたんです。

「全然心にもない褒め言葉だな」って。

その人の目的は「褒めること」なんでしょうね。

きっと「褒めると相手はどうなる、どう思う」とかも学んでいるのかもしれませんが、心にもない褒め言葉はもう褒め言葉ではありません。

ただのお世辞です。

そしてそれを繰り返されると、うんざりしてきたっていうお話しなんですが、では、褒めることがダメなのか?というと、僕はそうは思いません。

問題は、その言葉の裏に「相手への興味と敬意があるか」ということだと思います。

私が思うコミュ力おばけは、「褒める」というより、「相手への興味と敬意を伝える」というニュアンスです。

コミュ力おばけの褒め方と褒め言葉
心にもない取ってつけたような褒め言葉って分かりますよね。相手のことを心から敬う気持ちがあって褒める言葉と、褒め言葉を使えば相手が喜ぶだろうと思って使う言葉では、伝わり方も違うと思います。褒め言葉を最初から用意しておくのではなく、相手の素晴らしい変化に気付いたら、それを伝えてあげるだけでも、お互いが気持ちよい関係になれそうな気がします。

このページのYoutube版はこちらです。↑

コミュ力おばけの4つの褒める方法

では具体的に見てきましょう。

【コミュ力おばけの4つの褒める方法】

1:結果を真っ直ぐ褒める
2:変化に気付いて伝える
3:相手のしたことを質問で敬う
4:自分の感情と行動の変化を伝える

では一つずつ見ていきましょう。

1:結果を真っ直ぐ褒める

これはそのままです。

「すごいですね、いいですね、上手いですね、可愛いですね」

相手がしたこと、上手くいったこと、見た目、それをそのまま褒める。

心からそう思っているなら、それを伝えるのもいいと思います。

2:変化に気付いて伝える

相手が髪型を変えて出社してきた、登校してきた。

相手が変化をした時、まずはそれに気付きましょう。

そして、その変化を伝えるんです。

「あれ?髪型変えた?似合ってますね」

「あれ?新しいカバン?可愛いですね」

こういう見た目の変化だけでなく、内面的な変化に気付いたらお伝えしましょう。

「今日はいつもより何だか楽しそう!こっちも楽しい気持ちになります」

外見も内面も、相手に変化があったら、それを伝えてあげるのも「褒め言葉」の一つと言えます。

この2つ、率直に褒める、変化に気付いて伝える、については、無意識にしてる人もいます。

この2つだけでも、心がこもっている言葉であれば、言われたほうも嬉しいことでしょう。

では、残りの2つです。

この2つを言葉にしている人は、私が知る限り、そう多くありません。

いえ、私の周りには一人もいません。

もし、この2つの言葉を日常的に使うようになったら、私が思うコミュ力おばけに近づけることと思いますよ。

では、3つ目です。

3:相手のしたことを質問で敬う

例えば。

美味しい料理を作ってくれた。⇒美味しいです。これも褒め言葉です。
スポーツで輝かしい結果を残した。⇒すごいですね。頑張りましたね。これも褒め言葉です。
営業成績で1番の功績を上げた⇒やりましたね。さすがですね。これも褒め言葉です。

こういう褒め言葉では、相手を尊敬する気持ちを質問にします。

美味しい料理を作ってくれた。⇒なぜそんなに料理上手なの?料理教室とかに通ってたり、誰かに教えてもらったりしてるんですか?

スポーツで輝かしい結果を残した。⇒どうやってそこまでの結果を出せるようになったんですか?何か特別な練習をされてるんですか?

営業成績で1番の功績を上げた⇒なぜそこまでの成績を上げられるようになったんですか?

質問ですが、相手の方がしてきた、見えない努力、がんばりについて、「教えて下さい」とお願いの質問をするんです。

相手を尊敬する気持ちがあると、自然とこういう質問が生まれるんだと思います。

それを言葉にしてみましょう。

最後の4つ目。

4:自分の感情と行動の変化を伝える

これは「ポジティブ心理学の第一人者である、ショーン・エイカー」が「ビッグ・ポテンシャル~潜在能力を最高に引き出す法」の中で書いている方法です。

「誰かに対する最高の称賛は、自分の行動を変えることによって示される」

例として、ショーン・エイカー氏が講演の後に一番聴きたい褒め言葉は、スピーチのスタイルではなく、「悩んでいる友人に、あなたの本を買って贈ろうと思います」といった言葉だと書かれています。

心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

相手の行動、相手の魅力について、「自分もそうなりたい、近づきたい」という敬う気持ちを持って、「自分の行動を変えようとする」というのは、確かに嬉しいものだと思います。

私は、読書会を主催したり参加したりするのですが、そこで、誰かが紹介した本を「私もその本を買います」という言葉がよく出てきます。

私も過去の読書会で、誰かが紹介した本を購入したこともありますし、逆に、私が紹介した本をすぐに購入された方もいました。

「影響を受けてくれる」というのは嬉しいものですよね。

もちろん、無理矢理相手に合わせる必要はないと思います。

ただ、もし心から「相手の方を尊敬するな」って思ったら、思っているだけでなく、自分の変化を相手に伝えてあげるのは、相手を敬う気持ちを伝える事が出来ますし、良好な関係に一歩前進だと思いますよ。

では、今日のまとめです。

コミュ力おばけの4つの褒める方法 まとめ

【コミュ力おばけの4つの褒める方法】

1:結果を真っ直ぐ褒める
2:変化に気付いて伝える
3:相手のしたことを質問で敬う
4:自分の感情と行動の変化を伝える

さて、知識として4つをお伝えしましたが、知識として頭に入っても、誰も何も変わりません。

ということで、この動画を見たら、行動に移してみましょう。

もし、朝にこの動画を見ているなら、今日の課題。

夜にこの動画を見ているなら、明日の課題。

「明日、誰か一人に、4つの褒める方法のうちどれか一つでいいですから、使って下さい。」

3、4は会話の中で伝える言葉ですので、すぐに使えるかは分かりませんね。

ですので、まずは2を使ってみましょう。

「変化を伝える」だけでもいいです。

何でもいいです。

「あれ?いつもと違うネクタイですか?似合ってますね。」

異性に伝える時はちょっと気をつけないといけませんので、相手との関係性も考えて伝えてくださいね。

本日は以上です。

コミュ力おばけの学校では、コミュニケーション力アップのためのセミナーやマンツーマンのコーチング、コミュニケーションでお悩みの方のカウンセリング、テキストの販売を行っております。

今後の予定等は、メルマガから配信しますので、ぜひご登録下さい。

コミュ力コーチ兼カウンセラーのハラサトシでした。

最後に関連ページをご紹介しておきます。

褒めることについて、以前に書いた記事です。

褒める言い回しについて書いています。褒める技術と書いていますが、テクニックがどうこうではなく、今思うと、結局は「心からそう思っているか」が大事だなと感じます。

薄っぺらい褒め言葉って、すぐに分かりますよね。

このページでも書きましたが、「称賛を伝える」ことについて。

褒めるというより、素敵さと受けた影響を伝えるというイメージです。

褒めてもらえることって、人生の中でそう多くないかもしれません。それでも、やっぱり心から褒められると嬉しいものです。

ぜひ、褒めてあげましょう。心からの称賛を伝えましょう。

わざとらしい褒め言葉は逆効果にもなりえます。

相手の変化に気付くということは「相手に興味を持っている」ということです。

妻や夫の変化、会社の上司や部下の変化、友達の変化。

興味を持っておきましょう。そして、その変化に気付いて、良かったら褒めてあげたり、伝えてあげたりしましょう。

コミュニケーション力を上げる方法。積み重ねていきましょう。