コミュ力おばけは「偉そうにしない」偉そうな人の言い方は嫌われる

偉そうにしない【モテる方法005】偉そうな人の言い方は嫌われる

コミュ力おばけは「偉そうにしない」というお話です。

皆さんの周りにはどうですか?偉そうな人いますか?

  • 職場やバイトやパートの先輩や上司で偉そうな人
  • 家族や親族でやたらと偉そうな人
  • 友達なのにやたらと偉そうな人
  • 少し早く生まれただけで部活ですごく偉そうな人

なぜ、その人が、そんなに偉そうなのかは原因は分かりません。

ただ、自分はそうならないように、謙虚でいたいと思います。

後輩

先輩~、ちょっと分からないことがあるんですが。
おぉ、ちょっ忙しいから待っとけ!

先輩

後輩

分かりました。待ってます。
忙しいわ~、代わってほしいわ~っ!!

先輩

後輩

あ、あぁ、すいません。

忙しくて余裕がないのかもしれませんが、やっぱり、強い言葉、きつい言葉、偉そうな言葉は、受けていると疲れてしまうこともあります。傷つくこともあります。

コミュ力おばけは「偉そうにしない」と僕は思っています。

コミュ力おばけになる方法をまとめています。ぜひ参照してみて下さい。

では本題です。

職場に偉そうな人いませんか?

偉そうな人、一度は出会ったことないですか?

どんな人を「偉そうな人」と感じるかは人によるとは思いますが、やはり偉そうな人に出会うのは職場(会社)ということが多いのではないでしょうか。

こんな偉そうな人は嫌われる

こんな偉そうな態度をとっている人の末路は。

きっと嫌われるでしょうね。

こんな上司や先輩がいたら嫌だなって特徴を挙げてみます。

挨拶が偉そう

偉そうな人は「挨拶」から偉そうですね。

職場で偉そうにしてる人が多いのは、やはり役職や立場があるからでしょう。

先輩と後輩、上司と部下。

偉そうな人の挨拶は目立ちますね。

口調が明らかに上からです。

そして顔さえ見ずに挨拶する人もいますね。低いトーンで声を出すのも面倒くさそうな挨拶をする人もいます。

むすっとした無表情で挨拶されても、何だか気を使ってしまうこともあります。

好かれる人、慕われる人の挨拶は、口調がはっきりしてて、微笑みながら、目を見て挨拶してくれる。

偉そうな挨拶をしてるといつか嫌われると思います。

姿勢や態度が偉そう

言葉を発しなくて、偉そうだなって感じる仕草や姿勢や態度があります。

腕を組むのもそうです。足を組むのも、顔を傾けるのもそうかもしれません。

ちょっと考えて見ましょう。

新入社員が社長と1対1で話す場面があったとして。

その新入社員、社長が話してる時に、腕を組みますか?足を組みますか?顔を傾けて聴きますか?

聞かないですよね。だって失礼ですから。

腕を組んだり、足を組んだり、顔を傾けるのは、何らかの心理状態があるかもしれません。

それだけでは断定できないのですが、どっちにしても、話してるほうからすると、偉そうな態度、仕草と感じられることもあるでしょう。

友達同士ならいいと思いますが、偉そうな態度は控えたほうがいいですよね。

丁寧で謙虚な口調で優しく話すクセをつけましょう

偉そうの反対は「丁寧」でしょうか、「謙虚」でしょうか。

偉そうな口を聞かれて嬉しい人なんてほとんどいないでしょうね。

もしかしたら、信頼関係があって、そのくらい強く言われたほうがやる気が出るとか、がんばれるとか、人による部分はあるかもしれません。

ただ、そういうケースは稀でしょう。

僕の想像するコミュ力おばけ像では、「偉そうにしない」というのはかなり大きなポイントです。

自覚なく偉そうにしてることもある

いろんな場所に偉そうな人はいます。

店員さんであれ病院の医者や看護師であれ先生であれ、タクシーの運転者であれ映画評論家であれ、営業マンであれエンジニアであれ。

僕も人生の中で、何度も何度も人に対して偉そうにしたことはあります。

きっと数え切れないくらいだったと思います。

ただ、偉そうにしてるという自覚はなかったんんですね。

ただただ感情のまま、言葉を出してたんでしょう。

僕の場合は、仕事もろくに出来ないのに偉そうだったので、たぶん20代の会社員時代は嫌われていたと思います。

誰かが誰かに偉そうにしてるの聴くだけでも、嫌な気持ちになることもあります。

意識して丁寧に人と接するクセをつけたいものです。

コミュ力おばけを目指す謙虚な姿勢

偉そうにしない、というと、何をすればいいか分からないかもしれませんので、逆の意味である「謙虚な人」を心がけてみるのがいいでしょう。

謙虚な人の特徴を挙げて、その特徴を真似るということです。

謙虚な人の特徴といえばこういう特徴があります。

  • ありがとうや感謝の言葉をかけてくれる
  • 否定せずにじっくり話を聞いてくれる
  • 自分の話ばかりしないで人に意見に耳を傾ける
  • 誰に対しても対等に接してくれる
  • 自分の非をきちんと認めて、何でも人のせいにしない

自分がされて嫌なことは、人にしないようにしたいものです。

ただ、忘れてはいけないのは、いくら偉そうな人だからといって、それはいつもそうとも限りませんし、偉そうな時もあるけど優しい時もあるかもしれません。

偉そうな人だから悪い人、嫌いな人と決め付けずに、良い面を探してみるのもいいですよね。

結論です。

  • 偉そうで嫌われてる人がいても、その人の良い面もあるかもと思って、悪い人とすぐに決め付けない
  • 自分は人に偉そうにせずに謙虚な人を目指す

コミュ力おばけになるには、人に偉そうにせず謙虚でいたいものです。